【格ゲー上達論】キャラ対策の前にやること

格ゲー上達論
スポンサーリンク

はじめに

ランクマでダイヤモンドに行きたい方々、少し立ち止まってこの記事を見ていってほしい。

「ただのグラマスが上から何言ってんだ。」と思う方いると思いますが、そう思っていただいて構いません。ためになると思って記事にしています。

この記事を観て下さっている方々、キャラ対策をしたら本当に勝てるようになっていますか?という話です。勝てているのであれば何も言うことはありません。

キャラ対策をしてもなお、勝てていないのであれば自キャラを見つめ直す必要があると思います。

僕はダイヤモンドまでは深いキャラ対策をしていなくても上がれると思っていて、実際にキャラ対策をせずにウルトラダイヤモンドまで来ました。(ベガを使っているから勝てたという事もあるかもしれません)

では、何故そう思うのか?を掘り下げていきます。

自キャラは相手キャラに依存しない

自キャラの行動は何故相手キャラに依存しないのかパッと上げれる部分を述べていこうと思います。

相手キャラに依存しない部分

  • 対空をする
  • 攻撃を当てる
  • 攻め継続をする

相手キャラに依存する部分

  • ガードをする
  • 攻撃を当てられる
  • 攻められ続けている

ストVは攻めている時間が長ければ長いほどいいです。ゲージも溜まり、相手が攻めを凌がなければならないので攻めの方が強いと言われています。

攻めている時間は相手キャラに依存しないので、ひとつのキャラ対策するよりは全てのキャラに通用する攻めを身に付けた方が効率が良いし、勝率アップに繋がります。

①対空

自分もまだまだ対空が下手な人間ですが、対空が出来ると勝率がグンと上がります。対空が出来るという事は相手キャラ依存の攻めが出来なくなるという、利点があります。対空をすることができれば攻めは自分のターンになり相手に自キャラを依存させることが出来るようになります。

みんなが対空は大切と言っているのはこういう考えがあります。

②攻撃を当てる

攻撃を当てる行動は自身が優位に働くようにする行為だと思っています。攻撃が当たればそこから攻め継続ができたり、攻めの幅が広がります。ここで重要なのが攻め継続をするためにEXゲージを吐くかどうか、Vトリガーを使うかどうか、というゲージ管理という点です。ここで相手キャラ依存の攻めをさせないためにもゲージを吐いてでも攻めるべきです。相手に触る時間が長ければ長いほどEXゲージも回収できますし、相手にプレッシャーを与えることが出来ます。

③攻め継続をする

②攻撃を当てるから派生する、攻め継続をするという行動。これがキャラ対策をしなくても勝てるようになれる重要なポイント。攻撃をし続けるという事は複数の攻めパターンを用意しておく必要があります。

例えば「弱攻撃>投げ、中攻撃>投げ、中攻撃>中攻撃」などありとあらゆる攻め方を細分化させることが出来れば、相手は的を絞れずガードをするという選択肢を強いれるようになります。

自分の攻めパターンに物足りないと感じたら上手いプレイヤーの攻め方を参考にすることをおすすめします。ずっと同じ攻め方はしていないはずです。

攻め継続をするうえで押さえておきたいポイントは、自キャラが攻めている所の弱点を知ること。その攻めが通じなくなった場合にケアしやすくなります。

最低限の対策

それでも勝てないという方、相手キャラに依存させられている可能性が非常に高い。要は選択肢を迫られているという状況です。何故そんな状況に陥っているのか、相手の技に対して有利不利のフレームを知れていないから。が一番のポイントであると思います。

相手が触りに行きやすい技のフレームを知っているだけで、防御が変わります。知っていれば自分のターンになりやすいからです。

特定の技に困っている方がいたら、有利不利を調べるだけで楽になるかもしれません。

はじめのうちは深くキャラ対策するより自キャラの動きを研磨するをおすすめします。

まとめ

相手に依存しない行動をとことん研磨することをおすすめする。

  • 対空は立ち回りに大きな影響を与える。
  • 攻撃を当てるのは攻めターンにするきっかけになる。
  • 攻め継続では複数の攻撃パターンを用意する。
  • はじめは対策するならフレーム周りなど最低限にする。

以上キャラ対策をする前にすることを述べてきました。

あなたが自キャラでやれることは本当にありませんか?あらゆる攻めの可能性を見逃していませんか?

自キャラの強みを押し付けるのが一番勝率が高い。

対策をするのはとてもいいことなのですが、勝率アップには自キャラを詰める方が良いと思ったのでまとめてみました。良いと思うか悪いと思うかはあなた次第です👉

砂川誠に投げ銭をする

コメント

  1. たにガイル より:

    勉強になります!まずは己を見つめることですね。

タイトルとURLをコピーしました